忍者ブログ

熊小屋

日々の記録と思ったことと作ったもの。

北大名誉教授ノーベル賞を受賞

と同時に、今年度は公立はこだて未来大学教授もイグ・ノーベル賞を受賞なので裏表ノーベルで北海道2冠だったことを記録しておく。はこだて未来大学の方の研究はモネラの皆さんわっちょいわっちょいのもやしもんでお馴染みの粘菌ネタ。
これまで裏表が同国受賞だった事はあっても州とか県とかで同じだったってのは無かったんじゃね?

で、それを記念ってわけではないんですがスウェーデン料理『ヤンソンさんの誘惑』を作ってみた。
材料はじゃがいも 玉ねぎ 牛乳 バター チーズ、味付けはアンチョビ。本当は生クリームが入るんですが今回有るものだけで作るので省略。あとブラックペッパーも使いました。

ちなみにじゃがいもと玉ねぎは母の友人からいただいた自転車で20分くらいの畑から。バターは酪農大学産。牛乳は十勝よつば牛乳。アンチョビは道南のカタクチイワシを使った函館のスペインレストランの自家製。そこまでやっといてチーズはニュージーランド産です。たまたま冷蔵庫にそれしかなかった。

玉ねぎは薄切り、じゃがいもは拍子切りしておきます。玉ねぎを薄い茶色になるまでバターで炒めます。


炒めたものを耐熱容器に入れ平たくのばします。


その上にじゃがいもを敷き詰めます。


その上にバターを所々置きます。


ここでちょっとアレンジ。フライパンの余熱を利用してバターを大さじ一杯程度融かし、アンチョビを入れて木べら等で細かく叩きペースト状にします。これをじゃがいもの上に散らします。生クリームが入らない分バターでコクを増す狙いです。


チーズを散らします。アクセントにここでブラックペッパーを散らしました。


180度のオーブンで10分、150度に下げて10分ほど焼きます。レシピによってはチーズを散らす前にオーブンに入れるのも有るようですが今回面倒臭いので最初からぼんと入れました。
焼き上がりがこちら。


ソース分が牛乳のみなんでシャバシャバになるかと思いきや、じゃがいものデンプンでそことなくとろみもつきました。あとアンチョビとチーズの塩気で充分な味付けになりますが、物足りない人は粉チーズとかくわえると良いかもしれません。生クリーム無しでも充分にコクがあって美味しかったです。自分の好みとしてはこっちだ。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ふおおおおお

ノーベル賞の話題は嬉しすぎますっ!我々も本日の講義中、超もりあがりましたっ!

で、ヤンソンさん大好物ですっっ!生クリーム無しでもいけるんですねっ。なるほどっ。ってまた超旨いアンチョビ使ってますなぁ。うん。
ちょいとチャレンジいたしやすっ。
でも、ヤンソンさんがあはーんうふーんでばーんぼよーんな8頭身モデル体系美人スウェーデン女性じゃなくて、オッサンで僧侶だったと知った時のあの地の底に落とされた感覚ったらなかったです。

地元テレビは日ハム優勝かよってくらいの大騒ぎ

それによると北大の学食で記念割引やってたらしいよ。

ヤンソンさん美味かったです。生クリーム入れなくてもアンチョビの会わせ技でかなりコク出てました。できばえはオイラの腕がどうのじゃなくてアンチョビの質のせいだと思う。うっかりこのアンチョビだけで酒飲んじゃう勢いです。
うん、北欧系のスーパーモデルとかじゃなくてスウェーデンのオッサン坊さんなんだってのがなんとはなくスウェーデン品質だと思います。

プロフィール

HN:
性別:
非公開
自己紹介:
フィンラン道在住 たまに関東関西に出没します

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

[10/21 Best Break Dancer In The World]
[12/25 はに]
[05/11 リン子]
[03/12 熊]
[03/12 にゃんこ]