忍者ブログ

熊小屋

日々の記録と思ったことと作ったもの。

なぜか近所のリサイクルショップでパイロット18k万年筆を入手

銀行帰りに寄り道したリサイクルショップでパイロットのエリートと思われる万年筆を見つけました。と不確定な言い方なのは昭和43年に発売されたパイロットエリートSにはキャップにEliteと手書き風のロゴが入っているんですがこれには入っていないのと説明書などは付属していないので正確な型番がわからなかったんでしょう、値札には「パイロット万年筆 k18」としかありませんでした。ただ形とペン先が現行のパイロット製品にはないk18というのでおそらく1960〜1970年代に発売されたエリートシリーズのどれかに当たるんだろうな、と即決で保護、いや買ったんですけど(¥3,300)気分として保護が一番近かった。
んでこれなんですが。

本体そのものはインクの痕も無くまずまちがいなく未使用です。パッケージは、これは見たことない箱(;´Д`)そしてさらに見慣れないのはこのインク箱。

「シングルスペアー」とありますが中身は現行のカートリッジと同じ型のインクカートリッジが4本入っていました。で、このカートリッジ透かしてみたんですが40年以上経ってるせいかかなり目減りしててなんか沈殿してる。

なのでこれ使うのは故障しかねないと使用は断念、資料として保存しておこうかと思います。
そしてペン先なんですが18k-750 PILOT F と刻印されてます。18k細字という意味ですね。さすがに経年変化なのか曇っていたので銀磨きクロスで慎重に拭ってみたらかなりピカピカになりました。

ルーペでニブ、ペン先付け根や首軸を確認しても特に目立った傷も割れ目もなかったのでパイロット純正ブラックインクのカートリッジを差し込んでみるとインク詰まりも漏れもなくすんなり書けました。

40年前のペンですが古びたところもなくこれはいい出会いでした。当時は3,000〜5,000ぐらいで売られていたらしいんですが現在の復刻版エリートは一万円超えるのか(;´Д`)18k金ペンをこのショートサイズで使えるのは贅沢な気分でしてしばらくお出かけのお供にするつもりです。

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
性別:
非公開
自己紹介:
フィンラン道在住 たまに関東関西に出没します

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント