忍者ブログ

熊小屋

日々の記録と思ったことと作ったもの。

肩透かし夏対策 東京旅日記

先日、関東で35℃以上を記録したその三日後に上京予定だったわけですが、家族が私を見る目が死地に赴く者を見送る目でした。天気予報でも38℃よりはマシな31℃でしたしたしかに7℃下がってるけどこっちの最高気温は22℃でその差どんくらいだと思ってんだコンチクショー、でした。

この上京に先立ち、テレビで猛暑対策特集、特にどうにも宿泊先で寝られない二時間も寝ればいい方で一睡できないなんて普通なので猛暑でも安眠特集とかやってればふむふむとメモ片手に見入って自分なりに対策立てて来たんですよ。
いわく
  • 前日深酒しない
  • 湯船にはつかり体温の降下をはかる
  • 着慣れてる寝間着を用意
  • エアコンは温度設定高めでもつけっぱなしにする
などなど、やれることは全てやるつもりで荷造りしていざ猛暑の東京へ、と意気込んで来たら。
まさかの都内30℃超えないってパターンでいったいなにがあったのか。
おかげさまで二泊三日の二泊とも涼しいホテルの部屋で爆睡しました。寝過ぎて頭ぼうっとするくらい寝た。

今回泊まったの洗濯機がある部屋がよかったので選んだのが蒲田だったんですが、これで三回蒲田には泊まってるんですがその三回ともパトカーが出動してるのに出くわしてます。お手軽価格の飲み屋さんが多いところで賑わってますが夜十時過ぎると客引きのお兄さんたちと違法風俗のお姉さんたちが街のあちこちに出没するかなりぴりっとした街でもあります。ただこのぴりっと感は嫌いではないので適度な距離感で歩けば危険もありませんし好きな場所の一つです。


呑川。ここを蒲田くんことゴジラ第二形態が遡上してきた。ここから蒲田の商店街にかけてはシン・ゴジラの聖地巡礼コース。


東急ガード下がかなりいい感じ。

しかしもう一方の注意点として、酒の濃さが新橋並みなのを忘れがちで実際今回忘れててけっこうな目に遭いました。まさかパブチェーン店のジントニックがあんなに濃いと思わなかった。割り増しでさらに濃くできますよーとかお店のおねえさんがおっしゃってましたがどんだけの濃度にするつもりだったんだ。
あとやきとんや焼鳥とかの大衆居酒屋ばっかりかと思ったら肉バルやイタリアンバールがかなり増えててお手頃価格だけど美味しくてきれいなのが嬉しい。ただし酒の濃さ同様盛りが良いのにも注意が必要です。店のハシゴしようとしたら盛りにやられて胃袋がストップかかった。


それで以前から欲しかったのが
「昔ながらの商店街の洋品店で売ってるアロハっぽいシャツ」
だったんですが、京急蒲田駅前の商店街の洋品店という破格のロケーションでドンピシャのやつを見つけました。一着800円!家人にも土産として購入。京急沿線の粋なメンズが着ているのはこういうところで売ってるんだなあとしみじみしながら蒲田を後にしました。

蒲田から羽田空港までは快特ならあっというまなので、コインロッカーの料金を考えれば空港でさっさと荷物預けてしまえとそうして、その足で上野へ向かいましたら上野駅がパンダらけ。コラボ商品はもちろん駅の注意書きまで全てがパンダになってた。赤パンが生まれるってこういうことなんだなあ。ただし行き先は動物園ではなく国立博物館でした。そんなわけで三日月さんの三日月アップをどうぞ。
(クリックで拡大)


しかし最後まで蒸すけど灼熱には程遠い夏の東京でした。さらに帰って来たら20℃なかったし…もう秋じゃないかお盆最中なのに。そして滞在中ビールを一杯も飲んでいなかったのに気づいて驚愕しております。

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
性別:
非公開
自己紹介:
フィンラン道在住 たまに関東関西に出没します

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント