忍者ブログ

熊小屋

日々の記録と思ったことと作ったもの。

クリームチーズの酒粕漬け桜風味

以前酒粕漬けクリームチーズは作ったんですが、今回は桜の季節も近いということで漬け床に桜風味をプラスしてみようかと思い作ってみました。
漬けるチーズはクリームチーズ、それと西友で売っているクリームチーズに比べて脂肪分が低いソフトなチーズ、ヌーシャテルチーズを使ってみました。


準備として桜の花の塩漬けを水に漬けて塩出ししますが、この時少なめの水に漬けます。この水を後で酒粕に混ぜて練って塩味と同時に溶けてる桜の風味をプラスします。


そして水から上げた桜の花はキッチンペーパーに並べて水気を切ります。


ラップに練った酒粕を塗り広げます。容器に酒粕を詰めるよりこの方が酒粕の量が少なくて済むのと密着が続くのでより味が染みるんじゃないかとの狙いです。


チーズをガーゼに包みますが、このときより桜の香りが移るように一面に水気を切った桜の花を並べます。見た目もきれいです。


そして酒粕を広げたラップで包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫で一週間寝かせます。


その寝かせた結果がこちら。ガーゼに包んでいたのでチーズの表面にそれほど変化はありません。


風味はしっかり酒粕の香りと味が移っています。桜の香りはほんのり、それでも花に近い部分は香りが強いです。花の色が失われるかと思ったけどそれほどでもありません。

引き続き漬けてもうちょっと熟成させた方が好みかな。それでも酒には合います。

拍手[1回]

PR

なぜか近所のリサイクルショップでパイロット18k万年筆を入手

銀行帰りに寄り道したリサイクルショップでパイロットのエリートと思われる万年筆を見つけました。と不確定な言い方なのは昭和43年に発売されたパイロットエリートSにはキャップにEliteと手書き風のロゴが入っているんですがこれには入っていないのと説明書などは付属していないので正確な型番がわからなかったんでしょう、値札には「パイロット万年筆 k18」としかありませんでした。ただ形とペン先が現行のパイロット製品にはないk18というのでおそらく1960〜1970年代に発売されたエリートシリーズのどれかに当たるんだろうな、と即決で保護、いや買ったんですけど(¥3,300)気分として保護が一番近かった。
んでこれなんですが。

本体そのものはインクの痕も無くまずまちがいなく未使用です。パッケージは、これは見たことない箱(;´Д`)そしてさらに見慣れないのはこのインク箱。

「シングルスペアー」とありますが中身は現行のカートリッジと同じ型のインクカートリッジが4本入っていました。で、このカートリッジ透かしてみたんですが40年以上経ってるせいかかなり目減りしててなんか沈殿してる。

なのでこれ使うのは故障しかねないと使用は断念、資料として保存しておこうかと思います。
そしてペン先なんですが18k-750 PILOT F と刻印されてます。18k細字という意味ですね。さすがに経年変化なのか曇っていたので銀磨きクロスで慎重に拭ってみたらかなりピカピカになりました。

ルーペでニブ、ペン先付け根や首軸を確認しても特に目立った傷も割れ目もなかったのでパイロット純正ブラックインクのカートリッジを差し込んでみるとインク詰まりも漏れもなくすんなり書けました。

40年前のペンですが古びたところもなくこれはいい出会いでした。当時は3,000〜5,000ぐらいで売られていたらしいんですが現在の復刻版エリートは一万円超えるのか(;´Д`)18k金ペンをこのショートサイズで使えるのは贅沢な気分でしてしばらくお出かけのお供にするつもりです。

拍手[1回]

味噌漬けベーコンバージョンアップ

ベーコン作り、今回は前回に引き続き味噌漬けベーコンですが漬けの内容をバージョンアップ版として味噌はちみつニンニクに玉ネギすり下ろしをプラスして肉の柔らかさを引き出し玉ネギの甘味をプラスしようとしたところ、漬け床が焼肉のたれの匂いでしかなかったです。そして前回と同様に一週間ほど冷蔵庫より寒いベランダで漬けたらこんな感じ。

やっぱり味噌漬けだと色濃くなりますね、そして味噌を洗い流して一晩ベランダで乾燥させてスモーカーで燻製、と進んだんですがここで誤算がありまして、当日は気温が日中でも−6℃、さらに風向きの関係で直接風に晒されましてスモーカー内部の温度がいつもなら60〜80℃まであがるところ50℃までしか上がらなかったんですよ(´・ω・`)冷燻ならこれでもいいんですが熱燻にしたいので、これはもう仕方なくオーブンで加熱して仕上げました。今回から燻製専用の温度計使ったんですがオーブンのドアに挟んで使えるので便利です。

そんででき上がったベーコンはこんな感じ。やっぱり色良いよなあ。一般家庭なんで亜硝酸塩は使えないのでせめて近づけようと岩塩すりこんだりもするんですがそれ使わないで味噌と野菜でこんだけ良い色のなるのはなぜなんだろう(-ω-; ムム…

いつも通り一晩寝かせて煙臭さを落ち着かせて、切るとこんな感じ。

さっと電子レンジで加熱すると脂の艶がでます。

味噌のおかげなのか脂が引き締まった感じがするんですよね。塩加減ですが玉ネギすり下ろしの分前回よりも塩控えめです。でも玉ネギとニンニクの風味で物足りなさはありません。ベーコン作りの各工程に色々ポイントあるんですがやり直しが効かないのって塩加減なんですがそこが簡単なのは優位性としては大きいよなあ、味噌で漬けるとずっと味噌で続ける人も多いと聞きましたがそれも頷けます。そんで飲んじゃう。ベーコンのお友達ウイスキーは勿論、味噌風味だから日本酒にも合うんですよ(;´Д`)酒量が……

拍手[2回]

異界は常に日常に潜む また東京に行って来たよ旅日記

たまに新橋という街について安心して飲める街だという感想を聞くんですが、私はそんな風に思った事は一度も無くてむしろ魑魅魍魎入り乱れるサラリーマン異界だと思っとります。だって土曜日の午後3時にすでにべろんべろんになってるスーツ姿のサラリーマン三人組とか歩いてるんだもん(´・ω・`)じゃあ他の、例えば新宿歌舞伎町とか渋谷センター街とかとなにが違うかっていうとホストクラブというものが殆ど無い。殆どというのは出張ホストの募集看板はあるので店舗を持たない営業はしてるんだろうなとの推測です。男性向けの風俗はそれなりにあるんですが雑居ビルで同居してる焼鳥店の煙に巻かれてたりする店が多くて正直目立たないんですよ。そこら辺からのイメージかもしれません。
ただ別の方向からの得体の知れない手が待ち構えている、そんなものにこれまでも出くわしてます。さらに、ただそれもかなり数をこなしまして正直もう驚きも薄れてるかなと思ってましたが。
今回初日にいきなり見た看板。

これだもん(´・ω・`)
もうね油断を許さない街ですよ新橋は。常に斜め上に振り上げてくる狙いはともかく当たれば致命的なパンチばっかり出してくるんですよ。ほんでこの看板が店の営業内容の説明としては必要かつ充分なんですよなんですがその前に理解するスタンスまでたどり着けないんですよ脳味噌が。
そんなんでよれよれになり一人飲みの店を探して結局以前行った事のある店に入りまして、つまみが三百円台から四百円台中心なんで三つばかり頼んでビールも頼んでおしぼり使ってフヒーとか行ってたら、出てきたつまみがこんなんで。

ころっと忘れてたんだけどここ一品の盛りがいい店だった。んでこの他にお通しで千切りキャベツどんぶり一杯もあるんですよ。すっかりつまみだけで腹一杯になりやや顔色悪くしながらビール飲んでました。そうなんだ一人飲みだとこういう危険性もあるんだよ……

さて翌日はいつもお付き合いいただいているSさんと夕方五時に待ち合わせし、日曜夕方五時ですそれなのにやっぱりべろべろになってるサラリーマンとすれ違いつつ前回もお邪魔した焼鳥店へと落ち着きまして。

料理もドリンクも手頃な値段の割に美味しいのと、店内が清潔でテーブルが広くて居心地がいいのでこちらにうかがいました。ただビルの外見が、エレベーターの脇に龍が如くに出てきそうな感じに荒んだ灰皿が置いてあったりするのでぱっと見で入るのは難しいかもしれない。そんな店で真田丸の草刈さんのノリが美の壷寄りで見てると振り落とされそうになるとか今一番熱心に見てる番組は世界入りにくい居酒屋で国としてのイメージとしてはフランスとイタリアだとフランスの方がしっかりしてそうなのに居酒屋になるとフランスはひたすらフリーダムでイタリアはめちゃめちゃかっちりしてるのはなんでだろうとか下町ロケットで安田さんがいきなり引っ張りだこになってるけどこの日の昼に放映されたハナタレナックスではまったく通常モードの安田さんで自分で自分のガス抜きしててバブルみたいにはならないだろうとか、そんなことをしゃべりまくり大変楽しかったです。以上異界からのレポートでした。

拍手[1回]

にんにく味噌ベーコン作ってみた

去年に引き続き寒くなったらベーコン作ろう作ろうと思ってたんですが、今シーズンはまさかの暖冬で目安にしていた外気温4℃〜−5℃これを一週間連続って条件になかなかならなかったんです。それがやっと安定したきたので、今回は味噌漬けタイプのベーコンを作ってみました。いつもは塩漬けしてその後水に晒して塩抜き、さらに乾燥そして燻煙という手順ですが今回は味噌漬けして味噌を洗い流したあと塩抜きは無しという一工程省けて塩加減も失敗しにくいというのでちょっと気が楽です。
味噌100gにはちみつ30gにんにくひとかけすりおろしを混ぜて漬けベースにしまして、ラップに薄く塗ってその上に胡椒をふりかけた豚バラ肉を置きます。

さらに漬けベースを塗りましてラップに包み、さらに新聞紙に包んでベランダの日のあたらない場所に4日吊るし熟成。

 

そして4日後、味噌を洗い流したらかなり水分が抜けて肉が縮んでます。はちみつの脱水効果もあったのかも。これをベランダで一晩吊るし乾かします。そんで実はここが一番神経使ったところで、なんでかっていうと鳥軍団が、具体的にはカラスにヒヨドリさらにムクドリ意外性のスズメまだ季節じゃないけど少し暖かくなるとひょこってくるシジュウカラ、こんな面子がうろうろしがちなので日没〜日の出の鳥軍団が活動しない時間を狙って乾燥させなきゃならんのです(´・ω・`)冷蔵庫でやってもいいんだけど、温度が0℃以上にならないベランダの方が開け閉めする冷蔵庫よりは安定してるだろうとこうしてます。


乾燥させた後がこう。さらに水分抜けて肉の色が濃くなってます。


燻煙ですが、スモークチップを新しく購入したんですがなんでか近所のスーパーで売ってまして。去年は無かったぞこんなん(-ω-; 燻製する人増えたんだろうか。


30分ほどチップなしで加熱して熱乾燥させてさらに水分抜き、その後チップを投入して一時間燻煙。出来上がりはこんな感じ。


一日冷蔵庫で寝かせて煙のいがいがした感じが落ち着かせてから食べます。今回かなり水分抜けたので肉の色が濃いですね、外側の味噌が濃く染みたところはジャーキーっぽさもあります。


そんで焼くとこんな感じ。


アップでどーん。


水分抜けて肉が縮んだのは確認できたんですが、なんか脂肪も縮んだんじゃないかって思えるほどしまりました。いつもは焼くともっと脂出るんですが今回はこんな感じにじわっと滲む程度。でもニンニクの風味がふわっときて肉の旨味が強くでるベーコンに仕上がりました。スモーキーフレーバーは控えめになったな。はちみつの甘さはあまり感じられません。旨味に変わったのと脱水作用の方が大きかったのかも。

拍手[2回]

プロフィール

HN:
性別:
非公開
自己紹介:
フィンラン道在住 たまに関東関西に出没します

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のコメント

[09/02 Pietro]
[09/01 Jesus]
[09/01 Pedro Cauã]
[08/20 http://europa.Eu]
[12/25 はに]