忍者ブログ

熊小屋

日々の記録と思ったことと作ったもの。

台風に向かいつつ色々見直してみた 東京旅日記

いつも荷物はトロリーバッグ(通称コロコロ)に入れてるんですが、今回一日ずれて家人の出張と重なったんですよ、さらに着いてすぐに向かう場所もあったんで荷物の待ち時間を節約したいと言うわけでリュックタイプのバッグで荷造したんです。



拍手[0回]

PR

違和感の秋 東京旅日記

都営大江戸線。今回泊まるホテルがその沿線でしたんで乗ったんですよ、羽田空港から京急都営浅草線乗り入れで大門まで出て乗り換えて、したらホームに入って来た車輛見てなんかすんごい違和感があって。
あれ小さいよねぇ?妙に天井低いし温泉の送迎バスによくあるマイクロバスみたいなスケールだもん。乗ったらさらにマイクロバス風味で横一列シートが向かい合ってるその間がすんごい狭いのよ。普段乗ってる札幌地下鉄が逆にスカスカだから余計に違和感あって。んでまあそのマイクロバスがずら〜と連結してるやつに乗ってホテルの最寄り駅まで行きまして、地下鉄出口すぐそばのホテルにチェックイン、部屋に荷物入れてもう夕方だったのでそのまま部屋出て夕食の買い出しに向かったんですよ。したらホテルの周りが飲食店と言えばラーメン店と焼鳥居酒屋しかなく、ちょっと米食べたかったので弁当店で調達し、部屋に戻って夕飯前の一仕事で明日の用意をしまして、さて終わったちょっと一風呂浴びるかとユニットバスの扉を開けたらまあ狭い。今回二度目の狭い方向違和感。どうやらこのホテルリニューアルしたらしく外観や部屋の内装はきれいなんだけどエレベーターは大小あって小の方が妙に古く、このユニットバスもこれ自体は新しくなってないみたいなんですわ。シャワーカーテンのレールが新しいカーブタイプなんだけどその上に古いカーテンレールの溝があったんでそうだと思う。そのバスが狭くてその変わり高さがあってこれ子供とかお年寄りなんか跨げないんじゃないかって高さ。リニューアル物件の落とし穴かもしれん。まあお湯が出りゃいいんですけど。
で、その翌朝メインイベントの前にちょっと狸狩りに行く用事がありましてね。いや狸の形した人形焼きが欲しかったんですがこれが賞味期限4日って品物でしてなるべく帰りに近い日に買わないと厳しいぞとそんなスケジュールになりました。だから店が開く朝の9時に着くように行ったんですが、9時開店で足を踏み入れたら制服来たお姉さん達が全員総出で折詰をがんがん包装しまくってるんですよ。もう圧倒される勢いでごんごん狸や紅葉の人形焼きが箱詰めされていく、んで漏れ聞こえる話によるとどうやら先に店に来てたおじいちゃんのオーダーだったみたいで、前日に注文してたのを出来るそばから詰めてたみたいなんですよ。その店間口が相当狭いんですが工場はその狭い間口の奥にあってそこで当日焼いたやつを順に出してるそうで、それが朝一番に折詰20個とかオーダー来ちゃったからてんてこ舞い。それも落ち着いた頃、ようやく私も注文しましてとりあえず狸多めはどれですか狸のみで出来ますかと聞いて無事狸ゲット。
そんな狸のお顔はこんなです。

中の漉し餡が瑞々しくて美味。

拍手[0回]

X-MEN:フューチャー&パストを見てきたよ

絶賛公開中のX-MEN:フューチャー&パストを見てきました。
この先すぐにネタバレになりますのでご注意ください。


拍手[0回]

滝野すずらん丘陵公園に行ってきました

前から行ってみたいと思っていた、札幌郊外にある滝野すずらん丘陵公園に行ってきたんですが丘陵ってより山の中のとんでもない広い敷地でちょっとした日帰り旅行になりました。
んでチューリップが盛りだったんですがその規模がなんつーか富良野かよってレベルでして。


土地の高低差を生かした構成で坂一面がチューリップなんですよ。今回持っていったレンズは90mmマクロレンズだったんですがそれを開放側で思いっきりぼかしたらなんだかニルヴァーナ感満載の絵になりました。


背景ぼかしのパターンならこちらかなって気もしますが。


名前の元になってるスズランも咲き始めてました。五分咲きくらいでも香りがふわんと広がってましたよ。


ベットの持ち込みはリードをきちんと繋ぐとか色々条件付きですがOKでして、小型犬が殆どだったけどキャッキャしながらお散歩しててこちらも眼福(*´Д`)
で、結局公園全体の1/10も回らないうちにバスの時間が来ちゃって(´・ω・`)今度はもうちょい計画的に回りたいと思います。

拍手[0回]

言葉の無かった時代

BSプレミアムで絶賛再放送中の独眼竜政宗を楽しみにしておりまして、旅行の後で撮り溜めたのを一気見したりするともう夢中で見てそりゃあ当時の視聴率が高かったのもわかりますよ面白いんだもん。そんでドラマだからまったく史実通りではないんだろうけどそれ差し引いても伊達家についてはBASARAはそれほどBASARAってないってのがわかりました。梵天丸が小十郎と育てた茄子もってとてとて走ってたりするんだわ。
その梵天丸さまですが劇中では幼少時についてはやれ覇気がないとか武将にしては繊細に過ぎるとか言われてまして、まあ戦国の世でしかもなにかとごたごたしてた東北の一角でもあり困ったもんだの扱いなんですがその世の中時代がぐっと下がれば草食系男子って便利な言葉もできるんですけどね。いやその後の歴史からすりゃそのごたごたから状況変わって刀ぶん回すだけの時代じゃなくなってから政宗様の草食っぷりがむしろ上手い方向に向かってるのもあるし。

話変わりますが、図書館で早川のミステリ・ハンドブックという文庫本を見つけました。


刊行が1991年なんで内容はそれなりに古いんですが、読者投票によるランキング100はオーソドックスに傾いてるので正直刊行年は関係ないかなとも思ったんですよ。
ですがその中で39位に入ったテリー・ホワイト作「真夜中の相棒」

この作品紹介で作者についての言及があるんですが。
女性らしい繊細な視点から潜在的同性愛の人間を描いた
あそっかこの時代ボーイズラブって言葉が無いんだ!と気づきまして。
なお同ハンドブックに納められてる男性作家による座談会ではうわこりゃないわー的な取りあげられ方なんですが、あれから20年、シャーロックホームズでさえブロマンスという言葉で捉えられる時代になるとはそりゃ思っても見なかったよなあ(;´∀`)

拍手[0回]

プロフィール

HN:
性別:
非公開
自己紹介:
フィンラン道在住 たまに関東関西に出没します

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のコメント

[09/02 Pietro]
[09/01 Jesus]
[09/01 Pedro Cauã]
[08/20 http://europa.Eu]
[12/25 はに]