忍者ブログ

熊小屋

日々の記録と思ったことと作ったもの。

山のくるみでタルト焼いてみた

先日は山栗をいただいたんですが、今度は山のくるみをいただきましてシマリスにでも知り合いがいるんですかって勢いですが結構拾えるらしいんですよ。ただくるみは殻が固いし割るのが大変よねぇ、と思ったら世の中上手くしたもんで簡単に割れる方法を聞いたんでやってみました。
まずくるみを一晩水に漬けます。浮いて来ちゃうのは皿を重しにすれば大丈夫。

それを水を切り中火にかけたフライパンで炒ります。シューシューパチパチ音がするまでなんですが大体10分くらいかかりました。

するとですね、くるみの殻に隙間が空いて来るんですよ。

ここになにか平たくて丈夫なもの、マイナスドライバーなんかが向いてますがうちにはホタテ剥くホタテ包丁がありましたのでそれを使って隙間に差し込んでと。

それをくりっと回すと殆ど力入れずにくるみがぱかって割れるんですわあらびっくり(゚д゚)

楽だし殻が散らからないしトンカチで指叩かなくて済むしこりゃいいや、と割るのは簡単だけど実を取り出すのは簡単にはいかんのですね(´・ω・`)竹串で地道に掘り出しなんとか全て剥いて見ると丁度100gくらい取れました。

これだけ剥いてもやっと100gか……ナッツ類高い理由がわかる。今度からはたっけーなぁとか言わないで買おう。殻がきれいなままで取れたのはちょっと嬉しい。この殻は勿体ないのでとっておきます。

で、このくるみを使ってなにか作ろうと思い立ち、そろそろ賞味期限も近いドライフルーツを組み合わせてタルトにしようと決めました。

そのままだとちょっと固かったのでシロップでさっと煮てそのまま一晩漬けまして。

翌日、くるみの半量50gをコーヒーミルで細かく挽いて荒い粉状にします。いつもならアーモンドパウダーを使う中に詰めるクリームをくるみで作ろうとの魂胆です。
これが。

こう。油分でしっとりするんであまり細かくは挽けませんでした。

これを同量のバターと砂糖を合わせて練り、卵1個を加え、くるみが荒かったのでつなぎの為に小麦粉大さじ2も加えて混ぜてなめらかなクリーム状にします。

空焼きしたタルト生地にくるみのクリームを詰め、ドライフルーツのシロップ漬けを散らします。今回は白イチジク、黒イチジク、マンゴーの組み合わせ。さらに残りのくるみも散らします。

180度に温めたオーブンで40分焼きます。途中くるみが焦げそうだったのでアルミホイルを被せて、焼き上がりはこんな感じ。

断面はこんな。くるみクリームの色が濃くなってます。

くるみクリームですがアーモンドクリームに比べて濃厚になるかと思ったらむしろ主張は控えめで、でも後にくるみの香りがふっと残る感じです。フルーツとの相性はとても良いです。そして表面に散らしたくるみの風味が格別。これ種類の差より収穫して剥いてからの時間の方が関係あるだろうなぁ。油の焼けたえぐみが全く無いんですよ。甘さは控えめなんですが素材の濃厚さでかなり満足感のあるタルトでした。

拍手[0回]

PR

あの栗どっさりパウンドケーキを目指してみた

あのー某通販サイトで人気のすんげぇお高い栗がぼこぼこ入ってるパウンドケーキがあるんですが、美味いんだろうなとは思うけど一本うん千円するような物をおいそれとはお試しできませんで食べた事がありません。
で、先日キノコ狩りのついでに山で栗拾ったからと山栗をいただきましてそんな出所のもんがカジュアルに手に入るのが北海道だなぁとは思います。これをですね例のケーキっぽくしてみようじゃないかとやってみました。
まず栗を剥くんですが、熱湯にしばらく浸けて皮を柔らかくする方法でやったら結構するする剥けました。これ栗が新鮮だからだろうな。

で、それを砂糖濃いめのシロップに洋酒を合わせた物で一晩漬けました。甘露煮にしても良かったんだけどそれだと崩れそうだったんで漬込み式にしました。

翌日いつものパウンドケーキ生地を作って栗を投入して焼く。結局栗は300gくらいかな。生地自体はプレーンなパウンドケーキです。

焼き上がりにラム酒とシロップを合わせた物をたっぷり染み込ませてラップして一晩寝かせます。柔らかかったので落ち着かせるため冷蔵庫で寝かせまして、いざ切ってみますと。


たっぷり入れたつもりだったけど栗がそれほどどーんとはしてないなあ(´・ω・`)味はもうちょっと寝かせた方が洋酒の風味が馴染んで美味しいかもです。しかし、だとするとあのお高いケーキ栗何グラムいれてるんだろ(-ω-; ムム…

拍手[0回]

台風に向かいつつ色々見直してみた 東京旅日記

いつも荷物はトロリーバッグ(通称コロコロ)に入れてるんですが、今回一日ずれて家人の出張と重なったんですよ、さらに着いてすぐに向かう場所もあったんで荷物の待ち時間を節約したいと言うわけでリュックタイプのバッグで荷造したんです。



拍手[0回]

違和感の秋 東京旅日記

都営大江戸線。今回泊まるホテルがその沿線でしたんで乗ったんですよ、羽田空港から京急都営浅草線乗り入れで大門まで出て乗り換えて、したらホームに入って来た車輛見てなんかすんごい違和感があって。
あれ小さいよねぇ?妙に天井低いし温泉の送迎バスによくあるマイクロバスみたいなスケールだもん。乗ったらさらにマイクロバス風味で横一列シートが向かい合ってるその間がすんごい狭いのよ。普段乗ってる札幌地下鉄が逆にスカスカだから余計に違和感あって。んでまあそのマイクロバスがずら〜と連結してるやつに乗ってホテルの最寄り駅まで行きまして、地下鉄出口すぐそばのホテルにチェックイン、部屋に荷物入れてもう夕方だったのでそのまま部屋出て夕食の買い出しに向かったんですよ。したらホテルの周りが飲食店と言えばラーメン店と焼鳥居酒屋しかなく、ちょっと米食べたかったので弁当店で調達し、部屋に戻って夕飯前の一仕事で明日の用意をしまして、さて終わったちょっと一風呂浴びるかとユニットバスの扉を開けたらまあ狭い。今回二度目の狭い方向違和感。どうやらこのホテルリニューアルしたらしく外観や部屋の内装はきれいなんだけどエレベーターは大小あって小の方が妙に古く、このユニットバスもこれ自体は新しくなってないみたいなんですわ。シャワーカーテンのレールが新しいカーブタイプなんだけどその上に古いカーテンレールの溝があったんでそうだと思う。そのバスが狭くてその変わり高さがあってこれ子供とかお年寄りなんか跨げないんじゃないかって高さ。リニューアル物件の落とし穴かもしれん。まあお湯が出りゃいいんですけど。
で、その翌朝メインイベントの前にちょっと狸狩りに行く用事がありましてね。いや狸の形した人形焼きが欲しかったんですがこれが賞味期限4日って品物でしてなるべく帰りに近い日に買わないと厳しいぞとそんなスケジュールになりました。だから店が開く朝の9時に着くように行ったんですが、9時開店で足を踏み入れたら制服来たお姉さん達が全員総出で折詰をがんがん包装しまくってるんですよ。もう圧倒される勢いでごんごん狸や紅葉の人形焼きが箱詰めされていく、んで漏れ聞こえる話によるとどうやら先に店に来てたおじいちゃんのオーダーだったみたいで、前日に注文してたのを出来るそばから詰めてたみたいなんですよ。その店間口が相当狭いんですが工場はその狭い間口の奥にあってそこで当日焼いたやつを順に出してるそうで、それが朝一番に折詰20個とかオーダー来ちゃったからてんてこ舞い。それも落ち着いた頃、ようやく私も注文しましてとりあえず狸多めはどれですか狸のみで出来ますかと聞いて無事狸ゲット。
そんな狸のお顔はこんなです。

中の漉し餡が瑞々しくて美味。

拍手[0回]

X-MEN:フューチャー&パストを見てきたよ

絶賛公開中のX-MEN:フューチャー&パストを見てきました。
この先すぐにネタバレになりますのでご注意ください。


拍手[0回]

プロフィール

HN:
性別:
非公開
自己紹介:
フィンラン道在住 たまに関東関西に出没します

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント